Udemyセール開催中(7/26まで)人気教材が1,500円~

Azure AZ-204の勉強方法と教材紹介(Developer Associate)

Azure-AZ-204の勉強方法と教材紹介アイキャッチ

当ブログにはPRを含みます。

Microsoft社が提供するクラウドサービス「Azure」に関する資格試験でAZ-204があります。筆者も合格したので、合格するためのおすすめ勉強方法と教材紹介を紹介します。

AZ-204は日本語の教材の数が少なく、勉強に苦労しました。しかし、2024年ごろから徐々に日本語の教材も出始めてきたので紹介します。

受験前の筆者のスペック
  • AWSは業務で触ったことがあった。
  • Azureは個人環境で触った程度
  • AZ-104には半年前に合格している(796点/1000点)

AZ-204はクラウド(AzureもしくはAWSやGCPなど)未経験の非IT人材の方には少々ハードルが高いです。

ITエンジニアではない方でかつ未経験の方は下位資格のAZ-900や日本語教材が豊富なAZ-104を取得してからAZ-204に挑戦することをおすすめします。

Azureアソシエイト資格比較

AzureのAssociate試験の代表的なものは3つあります。それぞれの比較表を作成しました。

試験名 特徴 勉強のしやすさ
AZ-104 ・設計者、管理者向け
・幅広くAzureの知識が必要
しやすい
日本語の教材が多い
AZ-204 ・開発者向け
・プログラミングの知識が必要
しにくい
日本語の教材が少ない
AZ-500 ・セキュリティエンジニア向け
・セキュリティ関連サービスに関する知識が必要
ややしにくい
日本語の教材が少ない

当サイトでそれぞれ勉強方法や教材を紹介しております。

ITエンジニアで未経験の方であればAZ-104やAZ-204は十分に合格を狙えるかと思います。

目次

AZ-204の概要

Azureの資格試験には多数のものがあります。AZ-204の位置づけや難易度や出題形式を紹介します。

資格名 Azure Developer Associate
試験名 AZ-204
試験時間 100分
出題形式 選択問題(シナリオ問題、セット問題、穴埋めも選択式)、並べ替え
※セクション間の後戻りは不可
※セット問題など後戻りができない設問もあり
詳しい出題形式はこちらの章
問題数 40~60問前後
合格ライン 700点/1000点
試験日 随時
試験場所 全国のピアソンテストセンター
または
試験監督付きオンライン受験
受験料 21,102円
※為替等により変動の可能性あり
公式HPを確認してください
合格発表 受験後即時画面表示
有効期限 2年
(取得後6か月~1年に無料の更新アセスメント受験の必要あり)
受験要件 なし。未経験でも可
特記事項 受験中にMS Learnにアクセス可になりました

有効期限はデフォルトでは1年ですが、更新アセスメントを受験することにより2年に延長されます。
更新アセスメントは無料で受験でき、何度もやり直しすることができます。

試験中にMS Learnにアクセス可になりましたが、じっくり確認している時間はないので事前にしっかり勉強する必要があります。

Azure資格体系とAZ-204の位置づけ

Azure資格にはファンダメンタルズ(基礎)、アソシエイツ(中級)、エキスパート(上級)の難易度があります。AZ-204はアソシエイツ(中級)に当たる試験です。

AZ-204はAzureでのシステム開発にかかわる出題が中心です。

Azure未経験の場合は合格レベルになるまでに1~2ヶ月ほどかかると思います。下位資格のAZ-900や他のAzure資格を持っている方は1ヶ月以内には合格水準に達すると思います。

筆者はAZ-104を取得していたので1ヶ月程度の勉強期間で合格できました。

Azure資格体系とAZ-204の位置付け

AZ-204出題範囲

試験範囲は以下となっています。※最新情報はMicrosoft社のAZ-204試験ガイドよりご確認ください。

AZ-204試験範囲
  • Azure 計算ソリューションの開発 (25–30%)
  • Azure ストレージ向けの開発 (15–20%)
  • Azure Security の実装 (20–25%)
  • Azure ソリューションの監視、トラブルシューティング、最適化を行う (15–20%)
  • Azure サービスとサードパーティ サービスに接続し、使用する (15–20%)

出題されるサービスの例としてはコンテナ, App Service, Azure Functions, Cosmos DB, Blobなどです。

出題形式

以下の記事でAzure認定資格の具体的な出題形式を紹介しています。良かったらぜひご確認ください。

難易度

難易度は中級です。AZ-204受験のための条件も設定されておりません。

AZ-204は難しいとの声が多く、筆者もAZ-104よりは難しく感じました。

難易度の目安

Microsoft社が難易度の目安を提示してくれています。(以下の経験がないと受験資格がないというわけではありません。)
初級:前提無し
中級:6ヶ月以上のAzure経験
上級:2年以上のAzure経験

以下のようにコードに関する出題もあるので、何らかのプログラミング言語の経験があると学習を進めやすいかと思います。

以下、MS-Learnより公式練習問題より抜粋しました。正解を確認する場合▼を押下してください。

Azure Functions でタイマー トリガーを使用してバッチ ルーチンを作成します。
バッチ ルーチンは 15 分間隔で実行するように構成する必要があります。
使用すべきコード セグメントは次のうちどれですか?
回答を 1 つだけ選択してください。
A
[FunctionName("TimerTriggerCSharp")] public static void Run([TimerTrigger("0 */15 * * * 1-5")]TimerInfo myTimer, ILogger log) { if (myTimer.IsPastDue) { log.LogInformation("Timer is running late!"); } log.LogInformation($"C# Timer trigger function executed at: {DateTime.Now}"); }
B
[FunctionName("TimerTriggerCSharp")] public static void Run([TimerTrigger("*/15 * * * 0-4")]TimerInfo myTimer, ILogger log) { if (myTimer.IsPastDue) { log.LogInformation("Timer is running late!"); } log.LogInformation($"C# Timer trigger function executed at: {DateTime.Now}"); }
C
[FunctionName("TimerTriggerCSharp")] public static void Run([TimerTrigger("0 15 * * * ")]TimerInfo myTimer, ILogger log) { if (myTimer.IsPastDue) { log.LogInformation("Timer is running late!"); } log.LogInformation($"C# Timer trigger function executed at: {DateTime.Now}"); }
D
[FunctionName("TimerTriggerCSharp")] public static void Run([TimerTrigger("* 15 * * 1-5")]TimerInfo myTimer, ILogger log) { if (myTimer.IsPastDue) { log.LogInformation("Timer is running late!"); } log.LogInformation($"C# Timer trigger function executed at: {DateTime.Now}"); }

正解:A

この項目では、Azure Functions の タイマー トリガーの操作に関する受験者の知識をテストします。

Run([TimerTrigger("0 */15 * * * 1-5") を含むコード セグメントは、月曜日から金曜日まで、15 分ごとに関数を実行します。 Run([TimerTrigger("*/15 * * * 0-4") を含むコード セグメントには 2 番目の部分が欠けており、曜日に対して適切な範囲が使用されていません。 Run([TimerTrigger("0 15 * * * ") を含むコード セグメントは、15:00 (午後 3 時) に 1 回だけ関数を実行します。 Run([TimerTrigger("* 15 * * 1-5") を含むコード セグメントには、秒属性と分のステップ (‘/’) 部分がありません。

トリガーで Azure 関数を実行する – トレーニング | Microsoft Learn

Azure Functions のタイマー トリガー | Microsoft Learn

AZ-204 2024 年 1 月 22 日試験のマイナーバージョンアップについて

AZ-204の試験において、2024 年 1 月 22 日にマイナーバージョンアップがありました。出題範囲に対しての細かな変更です。

表記や通信の世代変更を反映しているだけなので試験対策において変更はありません。

大項目 小項目 変更点
Azure 計算ソリューションの開発 Azure App Service Web Apps を実装する SSLがTLSに変更されています。(TLSはSSLの次世代規格です。)
Azure Functions を実装する 表記の変更のみ
Azure 関数→Azure Functionsに変更
Develop for Azure storage Azure Blob Storage を使用するソリューションを開発する 表記変更のみ
静的サイト ホスティング→静的 Web サイト ホスティング
AZ-204のマイナーバージョンアップ変更点

試験中のMicrosoft Learnアクセスが可能になった

試験中にMicrosoft Learnのアクセスが可能になりました。具体的なアクセス方法やアクセスしてみた感想を紹介しています。ぜひご覧ください!

AZ-204勉強方法と教材

AZ-204の日本語教材はあまり出ておらず、英語教材を翻訳して使用することを視野に入れる必要があります。そのため、返品保証がついているUdemyの教材がおすすめです。

Udemyの教材がおすすめな理由
  • 30日以内であれば返金可能(気軽に始められる
  • 教材購入後もコンテンツがアップデートされる(頻繁にアップデートされるクラウド学習に最適
  • 不明点を講師に質問可能
  • スマホでも視聴可能(隙間時間の活用
  • 月に数回(2~3回)実施するセールでは数万円のコースも2,000円程度に割引される(安価!

価格は執筆当時です。変更される可能性があります。

教材 特徴 価格
MS-Learn 出題サービスの説明とハンズオン(ラボ・演習)
1周は実施することをおすすめします。
体系的に学べる
簡単なハンズオンが可能

日本語が不親切で頭に入ってこない
無料
MS公式練習問題 50問の公式無料練習問題
全問正解できるまで繰り返すことをおすすめします。
本番試験のレベル感を知ることができる
並べ替えやケーススタディ等、収録されていない出題形式がある
無料
[★NEW]
Udemy動画教材+WEB問題集
日本語
【AZ-204 Developing Solutions for Microsoft Azure】試験対策講座&模擬試験 icon
2024年に新規追加された日本語教材です。
動画教材(1.5時間)+練習問題(合計80問)
効率よくAZ-204の学習を行い、実務も役立つ知識を身に着けられる講座です。
効率重視で理解する点、暗記する点を絞っている
試験に出るポイントを明言してくれる
親切な解説で体系的に学べる
ハンズオン講座は無し
定価:20,000円
セール時参考価格:1,600円
セールでの購入を強くおすすめ
Udemy動画教材+WEB問題集
(英語音声日本語字幕)
AZ-204: Developing Solutions for Microsoft Azure icon
動画教材+模擬問題(89問)
動画教材は日本語字幕、模擬問題は自動翻訳を利用可能です
親切な解説で体系的に学べる
図表やハンズオン中心なので理解しやすい
定価:14,800円
セール時参考価格:1,600円
セールでの購入を強くおすすめ
UdemyWEB問題集(日本語)
【日本語対応!】AZ-204: Microsoft Azure Developer Associate対策問題集 icon
日本語模擬問題(120問)
(筆者受験時には無かった教材なので)筆者は利用していない
唯一の日本語WEB問題集
新着コースで高レビュー
定価:2,400円
セール時参考価格:1,600円
UdemyWEB問題集(英語)
Microsoft AZ-204: Certification Exam - Practice Tests icon
模擬問題(450問)
自動翻訳で日本語化して使用
問題の品質が高い
不正解の選択肢に対する解説も充実
定価:2,600円
セール時参考価格:1,600円

MS-Learn

Microsoft Learn(MS Learn)はMicrosoft社が提供する学習コンテンツです。すべて無料で使えます。

サービスの解説とハンズオンを行うことができます。ハンズオンの中にはラボがあって、無料のラボ環境を利用できるものがあります。

サービスの解説はWEBベースで観覧します。日本語が不親切なので、なかなか頭に入ってこないのが難点ですが無料なので1周は実施することをおすすめします。

ハンズオンは実際にサービスを触ることができるので、特に有用と感じました。

↓MS-LearnのAZ-204向けカリキュラムの一部です。

MS-LearnのAZ-204向けカリキュラム

MS公式練習問題

無料の練習用評価を利用できます。全50問で何度も受験することができます。力試しに受験して、その後全問正解できるまで繰り返しました。

間違えた問題はMS-Learnで学びなおしたり、公式ドキュメントを確認したり、後述のUdemy動画を見返して不明点を徹底的につぶしました。

以下AZ-204の公式HPの「無料の練習用評価を受ける」から受験することができます。

AZ-204練習用評価の受験方法

Udemy動画教材+WEB問題集(日本語)

Udemyではセール時に購入するのが一般的です。本教材はセール時に1,600円程度で購入可能です!

2024年にAZ-204日本語動画教材が発売されました。

本動画教材は必要最小限の暗記が必要な箇所や概念を理解すべき場所等に絞り学習することで、効率よく勉強を進めることが出来るコースです。

各章に確認問題10問ずつ×5章、最後に合格判定試験30問が付属しています。

AZ-204日本語動画教材。試験範囲に沿った体系的な学習が可能 各章に練習問題付属
動画教材目次と無料部分
講座の特徴
  • 効率重視で学習できる
  • 試験に出るポイントを明言してくれる
  • 親切な解説で体系的に学べる
  • 練習問題合計80問付き

↓講座のリンクです。リンク先で10分程度のプレビューを無料視聴可能なのでぜひ確認してみてください。(定価:20,000円 セール時参考価格1,600円程度

【AZ-204 Developing Solutions for Microsoft Azure】試験対策講座&模擬試験 icon

AZ-204 動画教材日本語詳細説明

Udemy動画教材+WEB問題集(英語音声日本語字幕)

UdemyにAZ-204の試験範囲を隅々まで解説してくれる動画教材があります。本当に隅々まで解説してくれるので、25時間超となっています。

英語音声、日本語字幕ですが、図表を多用してくれるので非常にわかりやすかったです。さすがに定価だと手が出せないですが、セール時の1,600円で購入出来れば良い教材だと思います。

付属している89問の模擬試験も高品質です!

また、本講座は試験内容更新に追従して講座もアップデートされていくことが魅力だと感じます。

AZ-204動画教材の内容説明
動画教材無料部分の紹介
講座の内容
  • 図表を多用した視覚的な説明
  • 試験範囲の網羅的かつ詳細な解説
    • 試験内容更新に伴って講座も更新される
  • ハンズオンを通した実践的な学び
  • 模擬問題2回分付属(89問)

付属している模擬問題も自動翻訳を使えば日本語で利用可能です。

翻訳方法は右クリック→日本語に翻訳でできます。(Chromeでの方法となります。)

英語教材の翻訳方法説明

以下、英語のサンプル問題を自動翻訳したものです。(十分意味が理解できると思います。)

自動翻訳された文章の例

A company plans to use Azure Cache for Redis. The company plans to use Redis modules.

You need to recommend an Azure Cache for Redis service tier.

Which service tier should you recommend?

  1. Basic
  2. Standard
  3. Premium
  4. Enterprise

↓自動翻訳

ある企業は、Azure Cache for Redis の使用を計画しています。同社は Redis モジュールを使用する予定です。

Azure Cache for Redis サービス レベルを推奨する必要があります。

どのサービス レベルを推奨する必要がありますか?

  1. 基本
  2. 標準
  3. プレミアム
  4. 企業

↓講座のリンクです。リンク先で30分程度のプレビューを無料視聴可能なのでぜひ確認してみてください。(定価:14,800円 セール時参考価格1,600円程度

AZ-204: Developing Solutions for Microsoft Azure icon

AZ-204動画教材+問題集詳細説明

UdemyWEB問題集(日本語)

出題形式に慣れておくためにも繰り返し模擬問題を解いておくのが良いです。WEB問題集で安定して80%以上の正答率を出せるようになれば本番試験の受験を考えてもよいかと思います。

模擬問題を利用したい方はUdemy唯一の日本語模試が販売されています。筆者が勉強していた時には無かった教材ですが、AZ-204の唯一の日本語模擬問題集が発売されました。これからAZ-204の学習をされる方には価値があると思います。

本WEB問題集の特徴(紹介ページより)
  • 全問題に解説が付属
  • ほぼすべての問題に公式ドキュメントのリンク(Microsoft Learn)を掲載

120問で定価2,400円です。セール時には1,600円程度になることがあります。

【日本語対応!】AZ-204: Microsoft Azure Developer Associate対策問題集 icon

AZ204日本語模試詳細説明

UdemyWEB問題集(英語)

私が当時利用したWEB問題集はこちらです。英語なのでChoromeの自動翻訳で日本語化して利用しました。

試験範囲がまんべんなく網羅されており、詳しい解説もあります。公式ドキュメントへのリンクも記載されており良い教材です。

本WEB問題集の特徴
  • 試験範囲を網羅した問題
  • 解説が充実しており、公式ドキュメントへのリンクもあり

450問で定価2,600円です。セール時には1,600円程度になることがあります。

Microsoft AZ-204: Certification Exam - Practice Tests icon

AZ-204模擬問題英語詳細説明

まとめ

試験について

  • AZ-204はMicrosoft Azureのクラウド認定資格試験の一つで開発分野が出題範囲である。
  • 中級資格であり、他の中級資格に比べて難しい。
  • 何らかのプログラミング言語のコーディング経験があると理解しやすい

勉強方法と教材

MS-LearnとUdemy教材を組み合わせるのが良いと思います。

教材 特徴 価格
MS-Learn 出題サービスの説明とハンズオン(ラボ・演習)
1周は実施することをおすすめします。
体系的に学べる
簡単なハンズオンが可能

日本語が不親切で頭に入ってこない
無料
MS公式練習問題 50問の公式無料練習問題
全問正解できるまで繰り返すことをおすすめします。
本番試験のレベル感を知ることができる
並べ替えやケーススタディ等、収録されていない出題形式がある
無料
[★NEW]
Udemy動画教材+WEB問題集
日本語
【AZ-204 Developing Solutions for Microsoft Azure】試験対策講座&模擬試験 icon
2024年に新規追加された日本語教材です。
動画教材(1.5時間)+練習問題(合計80問)
効率よくAZ-204の学習を行い、実務も役立つ知識を身に着けられる講座です。
効率重視で理解する点、暗記する点を絞っている
試験に出るポイントを明言してくれる
親切な解説で体系的に学べる
ハンズオン講座は無し
定価:20,000円
セール時参考価格:1,600円
セールでの購入を強くおすすめ
Udemy動画教材+WEB問題集
(英語音声日本語字幕)
AZ-204: Developing Solutions for Microsoft Azure icon
動画教材+模擬問題(89問)
動画教材は日本語字幕、模擬問題は自動翻訳を利用可能です
親切な解説で体系的に学べる
図表やハンズオン中心なので理解しやすい
定価:14,800円
セール時参考価格:1,600円
セールでの購入を強くおすすめ
UdemyWEB問題集(日本語)
【日本語対応!】AZ-204: Microsoft Azure Developer Associate対策問題集 icon
日本語模擬問題(120問)
(筆者受験時には無かった教材なので)筆者は利用していない
唯一の日本語WEB問題集
新着コースで高レビュー
定価:2,400円
セール時参考価格:1,600円
UdemyWEB問題集(英語)
Microsoft AZ-204: Certification Exam - Practice Tests icon
模擬問題(450問)
自動翻訳で日本語化して使用
問題の品質が高い
不正解の選択肢に対する解説も充実
定価:2,600円
セール時参考価格:1,600円

以上です。最後までお読みいただきありがとうございました!

ランキング

ランキングに参加しています。クリックして応援いただけると嬉しいです。
にほんブログ村 IT技術ブログ クラウドコンピューティングへ
にほんブログ村
AWSランキング
AWSランキング

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次