Udemyセール開催中(7/26まで)人気教材が1,500円~

【SAA-C03】AWS SAAおすすめ勉強方法を解説

AWS認定SAAおすすめ勉強方法アイキャッチ

当ブログにはPRを含みます。

AWSの資格試験として一番メジャーなものにSAA(ソリューションアーキテクト アソシエイト)があります。筆者も取得したので勉強方法や試験のメリットについて記述していきます。

2024/5現在、SAAの試験バージョンはC03です。旧試験のC02の情報や教材にはご注意ください。

合格のポイントは以下3ステップで勉強することです。

AWS SAA勉強おすすめ3ステップ
  • AWSの全体像を学ぶ
  • 個々のAWSサービスを掘り下げる(ハンズオンおすすめ)
  • SAAの問題演習

AWS未経験者のSAA合格までの所要期間はおおよそ3ヶ月かと思います。

ここではAWSを触ったことが無い方でも合格できる勉強方法を紹介します。

筆者の全身写真

この記事を書いた人

管理人:syo

サラリーマンエンジニア歴10年
新卒で入社した大手システム会社でリモートワーク、年収800万円に到達
AWS関連プロジェクトのインフラエンジニア&プロジェクトマネージャーを担当。
IT資格
AWS:プロフェッショナルレベル2冠・アソシエイトレベル3冠・CLF・ペシャリティ資格(SAP, DOP, SAA, SOA, DVA, SCS, DBS, MLS, ANS, PAS)
Azure:AZ-305・AZ-104・AZ-900
その他:基本情報、JAVASE Silver、オラクルマスターブロンズ(DBA)、Silver SQL、ITIL Foundation
、LinuC

目次

はじめに AWS認定資格2024年変更点

2024年にAWS認定資格では、いくつかの変更点がありました。SAAにかかわるところは、日本円での試験料金値上げです。15,000円から20,000円に変更されています。

その他認定資格の変更点は以下の記事にまとめていますのでぜひご確認ください。

AWS SAA(ソリューションアーキテクト アソシエイト)試験の概要

Amazon(AWS)社が提供するクラウド「AWS」の認定資格試験です。格付けはASSOCIATE(中級)に当たります。

分野に特化した専門知識の試験を除くとレベルとしてファウンデーション(初級)、アソシエイト(中級)、プロフェッショナル(上級)のレベルがあります。SAA(ソリューションアーキテクトアソシエイト)はアソシエイトレベルなので中級に当たります。

AWS認定資格の一覧とSAAの位置付け
資格名 AWS Certified Solutions Architect – Associate
(ソリューションアーキテクト アソシエイト)
試験名 SAA-C03
試験時間 130分
出題形式 選択問題(単一選択/複数選択)
問題数 65問
合格ライン 720点/1000点
試験日 随時
試験場所 全国のピアソンテストセンター
または
試験監督付きオンライン受験
受験料 20,000円
合格発表 5営業日以内にメールで通知(筆者は受験後1時間ほどでメールが来ました)
有効期限 3年
受験要件 なし
(受験対象に”AWS のサービスを使用するクラウドソリューション設計の実務経験が 1 年以上必要です。”とあるが、難易度の目安であり、必須ではない。)

ちなみに専門知識以外の試験をすべて受けたことがある筆者の感想ですが、難易度でいうと

CP<<SAA=DVA(Developer)<SOA(SysOps)<<DOP(Devopsプロ)<<SAP(SolutionArchitectプロ)

といった感覚でした。AWS試験の中ではやや易しめという印象を受けました。試験範囲は広めなので浅く広く勉強することをおすすめします。AWS SAAはAWS認定資格の中で一番メジャーな資格のため、教材も豊富で勉強がしやすいので初心者にもおすすめです。

AWS SAA-C03 試験の出題範囲

AWS公式が出している試験ガイドがあります。そちらによると以下の出題範囲と比率となっています。

試験範囲
  • 第 1 分野: セキュアなアーキテクチャの設計 (採点対象コンテンツの 30%)
  • 第 2 分野: 弾力性に優れたアーキテクチャの設計 (採点対象コンテンツの 26%)
  • 第 3 分野: ⾼パフォーマンスなアーキテクチャの設計 (採点対象コンテンツの24%)
  • 第 4 分野: コストを最適化したアーキテクチャの設計 (採点対象コンテンツの20%)

AWSはセキュリティを最優先事項として掲げているので、セキュリティに関する内容は多く出題されます。

IAM、セキュリティグループ、S3バケットポリシー、KMS、NACLなどのセキュリティ関連のサービスについてはしっかり学習することをおすすめします。

例題(難易度確認)

アソシエイトレベルです。

AWSの知識を広く問われますが、込み入った内容はそこまで問われない印象でした。

中には問題文と選択肢がそこそこ長文の問題もありました。

以下、サンプル問題です。広くAWS用語を把握しておかないと解くことは難しいですね。

・問題文
ある企業には、パブリックサブネットとプライベートサブネットで実行される 2 層アプリケーションアーキテクチャがあります。ウェブアプリケーションを実行している Amazon EC2 インスタンスはパブリックサブネットにあり、データベースの EC2 インスタンスはプライベートサブネットで実行されています。ウェブアプリケーションインスタンスとデータベースは単一のアベイラビリティーゾーン (AZ) で実行されています。
このアーキテクチャで高可用性を実現するために、ソリューションアーキテクトが取るべきステップの組み合わせはどれですか。 (2 つ選択)

・選択肢
A) 新しいパブリックサブネットとプライベートサブネットを同一の AZ に作成する。

B) 複数の AZ にまたがる Amazon EC2 Auto Scaling グループと Application Load Balancer をウェブアプリケーションインスタンス用に作成する。

C) 既存のウェブアプリケーションインスタンスを Application Load Balancer の背後にある AutoScaling グループに追加する。

D) 新しいパブリックサブネットとプライベートサブネットを新しい AZ に作成する。新しい AZ にあるパブリックサブネットに EC2 インスタンスを使用してデータベースを作成する。古いデータベースの内容を新しいデータベースに移行する。

E) 新しいパブリックサブネットとプライベートサブネットを同一の VPC 内の、それぞれ新しい AZ に作成する。Amazon RDS マルチ AZ DB インスタンスをプライベートサブネットに作成する。古いデータベースの内容を新しい DB インスタンスに移行する。

正解:BとE

簡単な解説:

新しいサブネットを新しいアベイラビリティーゾーン (AZ) に作成し、冗長ネットワークを実現します。ロードバランサーの背後にある 2 つの AZ にインスタンスの Auto Scaling グループを作成し、ウェブアプリケーションの高可用性を確保し、2 つのパブリック AZ 間でウェブトラフィックを再分散させます。2 つのプライベートサブネットに RDS DB インスタンスを作成し、データベース層の高可用性も実現します。

よくある質問

有効期限はいつまでか?更新はどうすればよい?

有効期限は3年です。

更新する場合、最新バージョンの試験に合格する必要があります。

再認定時の費用は?

前回受験時に半額割引バウチャーが貰えているので半額で受験可能です。

不合格になった場合、再受験は可能?

可能です。

ただし不合格になった日から14日以上あける必要があります。受験回数に制限はありませんが、毎回受験料金を支払う必要があります。

未経験でもSAAに合格は可能?

ある程度のIT知識がある方であれば可能です。

非エンジニアの方や不安な方は下位資格のクラウドプラクティショナー(CLF)から挑戦するのが良いかと思います。

AWS SAA 合格のための大切なポイント

早く合格するために必要な要素をまとめます。

  • 隙間時間を活用して動画教材を見る
  • 問題集を解いてみる
  • いつでも触れるようにAWSアカウントを開設しておく
  • 勉強を習慣化する

隙間時間を活用して勉強を習慣化しましょう。勉強の習慣化におすすめなのは動画教材や書籍などです。

また、AWSは業務では使えてなんぼの世界なのでAWSアカウントを開設しておくことをおすすめします。AWSを使いこなせればたいていなんでもできるようになるので個人的に触ってみるのも楽しいかと思います。

AWS SAA おすすめ勉強方法

学習教材はUdemyがおすすめです。理由は以下の通りです。

Udemyの教材がおすすめな理由
  • 30日以内であれば返金可能(気軽に始められる
  • 教材購入後もコンテンツがアップデートされる(頻繁にアップデートされるクラウド学習に最適
  • 不明点を講師に質問可能
  • スマホでも視聴可能(隙間時間の活用
  • 月に数回(2~3回)実施するセールでは数万円のコースも2,000円程度に割引される(安価!
STEP

動画教材がおすすめ!初心者にもわかりやすく解説をしてくれます。

用語がわからない状態で書籍やAWS公式ドキュメントを読み進めるのはハードルが高いですが、動画教材では丁寧に解説してくれます。

STEP

AWSが出しているブラックベルトオンラインセミナーで各サービスについて掘り下げて勉強します。気になるサービスはAWSアカウントを発行して実際に触ってみると理解が進みます。

STEP

Udemyの問題集がおすすめです。安価で購入できる上に買い切りで購入した後もどんどん問題が追加されていきます。実際のSAAの試験とかなり似た問題が収録されています。

試験時間を意識して解いてみましょう。(SAAは試験時間は余裕がある方だと思います。)

紙の本が良いという方は参考書でもよいと思います。(ただし更新スピードという点で参考書は不利です。)

まずは教材を一覧で紹介します。

教材/レビュー 特徴 価格
Udemy動画教材
STEP1 全体学習におすすめ
STEP3 問題演習も兼ねられる
【SAA】これだけでOK! AWS 認定ソリューションアーキテクト – アソシエイト試験突破講座 icon
勉強初期の全体学習に最適
図解豊富で初心者にもわかりやすい
40時間超の丁寧な解説(初心者でもじっくり学べる)
試験範囲の網羅的な解説
練習問題3回分(195問)付き
ハンズオンで実践的な学習が可能
定価:8,800円
(セール時参考価格:2,000円)
AWS公式資料
STEP2 部分詳細学習におすすめ
ブラックベルトオンラインセミナー
AWS公式の各サービスの紹介動画やPDF
各サービスの詳細を説明
図解やアーキテクチャ図が投影されるので理解しやすい
初心者はどの資料から見ればよいかわかりずらい
AWS全体像をある程度把握しておかないと理解しにくい(木を見て森を見ず)
無料
Udemy模試(ベストセラー)
STEP3 問題演習におすすめ
【SAA-C03版】AWS 認定ソリューションアーキテクト アソシエイト模擬試験問題集(6回分390問) icon
icon icon動画教材と同じ作者が作成したWEB問題集です。ベストセラーです。難易度は高めで作成されています。
STEP1の動画教材と相性が良い(知識を補完できる)
解答と丁寧な解説が付属している
本番試験に似せて作成されている
定価:7,600円
(セール時参考価格:2,000円)
Udemy模試(新発売最高評価)
STEP3 問題演習におすすめ
【SAA-C03対応】AWS認定 ソリューションアーキテクト アソシエイト 模擬問題集+詳解 icon
新発売された最高評価を獲得したWEB問題集です。680問と問題数が豊富で安価です。
本番試験で出題されやすい問題が収録されている
丁寧な解説が付属している
問題の精度が高い(本番試験とよく似ている)
定価:2,600円
(セール時参考価格:2,000円)
参考書1
(黒本)WEB教材と併用したい方にお勧め
(模擬問題付き)徹底攻略 AWS認定 ソリューションアーキテクト − アソシエイト教科書
新試験C03に対応した参考書です。IT資格取得定番の黒本です。参考書1と2は好みでどちらかを選べばよいと思います。
試験範囲の網羅的な解説
各項目に練習問題付属(知識の定着)
模擬問題1回分ダウンロード付き(65問)
書籍のため、WEB教材に比べて情報鮮度は古い
2,860円程度
参考書2
(オレンジ本)WEB教材と併用したい方にお勧め
AWS認定資格試験テキスト AWS認定ソリューションアーキテクト – アソシエイト
新試験C03に対応した参考書です。筆者は上位資格(SAP)で使用しましたが、わかりやすい良書だと感じました。
試験範囲の網羅的な解説
各項目に練習問題付属(知識の定着)
模擬問題1回分ダウンロード付き(65問)
書籍のため、WEB教材に比べて情報鮮度は古い
2,860円程度
教材一覧

次の章ではそれぞれのステップでの勉強方法を具体的に紹介します。

【STEP1】AWSがどういうものなのか全体をつかむ

Udemyにソリューションアーキテクトアソシエイト(SAA)を網羅しているおすすめの動画教材があります。

解説を聞いて理解した個所はOneNoteなどのノートアプリに書き込むと知識が定着するのでお勧めです。

各トピックに練習問題が付属しているので理解度をチェックすることもできます。間違えた問題は解説を熟読し、学んだことはOneNoteなどに書いていきます。そして隙間時間に見直しましょう。

本講座ももちろんスマホ視聴が可能です。通勤通学などの隙間時間を有効に使えます。定価は8,800円ですが、月に数回実施しているセール時には1,800円程度で購入できることがあります。

AWS動画教材のサンプル説明
講座の内容
  • 試験に出題されるサービスの網羅的な解説(初心者にもわかりやすくじっくり40時間超)
  • ハンズオンを通した実践的な学習
  • 模擬テストと解説付き(65問×3回分)

↓講座のリンクです。リンク先で30分程度のプレビューを無料視聴可能なのでぜひ確認してみてください。(定価:8,800円 セール時参考価格1,800円程度

SAA講座詳細説明

【SAA】これだけでOK! AWS 認定ソリューションアーキテクト – アソシエイト試験突破講座 icon

長時間の動画教材ですが、AWSを知らない人でも0からじっくり学ぶことができます

レビューピックアップ
  • 試験にとどまらず実務においても大変参考になる。書籍じゃ絶対できない内容なのでUdemyの動画だからこそのわかりやすさだった。
  • 試験範囲も十分に網羅されていて、無事に合格できました。

【STEP2】個々のサービスに掘り下げて勉強する

BlackBeltの動画はyoutubeにアップロードされています。

AWSのサービスカット編では各サービスの詳細な説明をしてくれます。20分~60分程度の長さの動画が多いです。

主要サービスについて一通り見ておくと理解が深まるかと思います。

【STEP3】問題を解いてみる

出題形式に慣れておくためにも繰り返し模擬問題を解いておきましょう。安定して80%以上の正答率を出せるようになれば本番試験の受験を考えてもよいかと思います。

本で問題集を購入すると、問題が更新されることはありませんが、WEB問題集だと最新情報で試験問題がアップデートされていくところが魅力です。

【ベストセラー】AWS 認定ソリューションアーキテクト アソシエイト模擬試験問題集(390問)

UdemyのSAAのベストセラーのWEB問題集です。SAA-C03の新試験に対応しています。STEP1の動画教材の講師が作成したWEB問題集です。動画教材中では扱いきれなかったトピックを中心に作成されています。こちらの問題集は動画教材を視聴した方に特におすすめです。

また、Udemyではセールがあります。2,000円程度で購入出来て、買い切りなので有効期限も無期限です。一度購入すると、更新され続けるので再認定を受ける場合でもできます。また、解説も大変充実しています。

本WEB問題集の特徴
  • STEP1の動画教材で扱いきれなかった問題を中心に構成している。(動画教材との相性が良い)
  • 頻繁に出題される基本問題も多様な問題を網羅している。
  • 豊富な解説によって知識を幅広い獲得することが可能である。
  • 本番試験に実際に出題されたことのある問題の中で、難易度が高めの問題を中心に構成している。

↓WEB問題集のリンクです。390問 定価7,600円(セール時参考価格2,000円)

【SAA-C03版】AWS 認定ソリューションアーキテクト アソシエイト模擬試験問題集(6回分390問) icon

AWS SAA WEB問題集(ベストセラー)詳細

レビューピックアップ
  • 実試験で、8割以上ほぼ同内容の問題が出題されました。無事合格し、試験も90分で終わりました。
  • 3年以上前に購入したものが更新され続けてる事に感謝です。
  • 問題の解説で「正解の解説」だけでなく、「この選択肢が不正解である理由」を細かく記載頂いていたのが非常に助かりました※「たぶんこれなんだけど、こっちの選択肢はどうなんだろう」といった疑問が解消されるのがとても大きかったです。

【新発売最高評価】AWS認定 ソリューションアーキテクト アソシエイト 模擬問題集+詳解(680問)

こちらもUdemyのWEB問題集です。こちらセール時期でなくても2,600円なのでお値打ちです。

本WEB問題集は2024年に発売された新しいWEB問題集です。680問で2,600円なのでお得です。問題の質も高く、解説も充実しています。そのためUdemyの日本語教材の中で最高評価を得ています。(2024/5時点 4.8/5.0

本番試験でもよく似た問題が出題されているように思います。

本WEB問題集の特徴
  • 本番試験で出題されやすい問題が収録されている。
  • 丁寧な解説が付属している。
  • 出来る限り本番試験に似せて作成されている。
  • 問題数が豊富(680問)

↓WEB問題集のリンクです。680問 定価2,600円(セール時参考価格2,000円)

【SAA-C03対応】AWS認定 ソリューションアーキテクト アソシエイト 模擬問題集+詳解 icon

AWS SAA WEB問題集(最高評価)詳細

参考書(黒本)

AWS SAAの参考書を徹底比較した記事を書きました。よろしければぜひご覧ください。

参考書も紹介します。IT資格試験参考書の定番黒本です。

筆者も利用しました。模擬試験はついていますが、問題数は十分とは言えないと思いました。Udemyの模擬問題と組み合わせると良いと思います。

レビューピックアップ
  • 試験さながらの模擬試験もダウンロードでき、より試験の対策が出来ます。
  • 演習問題で知識を確認しながら読み進められました。
  • これから勉強しよう!と初めて手に取り、読んでみるにはとてもあっています。

参考書(オレンジ本)

筆者はSAAではなく、SAP(ソリューションアーキテクトプロフェッショナル)の資格で本書を利用しました。各章に練習問題が付属しているので知識の定着が図れる良書でした。

レビューピックアップ
  • AWSには全く触っていませんが、この本を一冊読み、後半の練習問題を解くことで合格出来ました。
  • こちらと某教材サイトのコンテンツを利用して無事8割で合格ができました。
  • 本テキストとUdemy試験講座で無事合格できました。

【超重要!】AWS SAA頻出の主要サービス

AWS SAAには高頻度で出題されるサービスがあります。以下に挙げたサービスはほぼ必ず出題されます。
特に赤字は最重要サービスです。( )は厳密にはサービスではありませんが、重要なものです。

設問で実現したいことに対して適切なサービスを選択できるようにしておきましょう。

ジャンル サービス
セキュリティ IAM, (Security Group, NACL), STS, KMS, GuardDuty, Cognito
コンピュート EC2, Lambda, ELB, ECS, EKS
ネットワーク VPC, NAT, VPC Endpoint, VPN, VPCピアリング, Route53, PrivateLink
ストレージ・配信 S3, EBS, EFS, グレーシア, CloudFront
データベース DynamoDB, RDS, Aurora, Redshift
アプリ統合 SNS, SQS, SES, API Gateway, EventBridge
管理ツール CloudWatch, CloudTrail, Config, SystemsManager, CloudFormation
開発ツール Code兄弟, Cloud9

AWS公式のサンプル問題1番です。リンクはこちら。リンク先に正解も掲載されています。

以下のように、実現したいことを何のサービスを用いて解決するのかを問われます。

ちなみに問題文にある3層アーキテクチャとはWEBサーバ、APサーバ、DBサーバに分けたアーキテクチャです。詳しくはこちらの章で紹介します。

ある企業は、複数のアベイラビリティーゾーンにまたがる VPC 内で、パブリック側の 3 層ウェブアプリケ
ーションを実行しています。プライベートサブネットで実行されているアプリケーション層の Amazon EC2 イン
スタンスでは、インターネットからソフトウェアパッチをダウンロードする必要があります。ただし、EC2 イン
スタンスにインターネットから直接アクセスすることはできません。

EC2 インスタンスが必要なパッチをダウンロードできるようにするために実行すべきアクションはどれですか。
(2 つ選択)
A) パブリックサブネットで NAT ゲートウェイを構成する。
B) インターネットトラフィック用の NAT ゲートウェイへのルートがあるカスタムルートテーブルを定義
し、アプリケーション層のプライベートサブネットに関連付ける。
C) Elastic IP アドレスを EC2 インスタンスに割り当てる。
D) インターネットトラフィック用のインターネットゲートウェイへのルートがあるカスタムルートテーブ
ルを定義し、アプリケーション層のプライベートサブネットに関連付ける。
E) プライベートサブネットで NAT インスタンスを設定する。

AWS SAA受験前に前提知識として知っておいた方が良いこと

AWSとは直接関係がありませんが、試験問題中で頻繁に出てくる用語や知識を紹介します。

3層アーキテクチャ

WEBサービスを提供する際に3つのサーバで役割を分ける仕組みのことです。大規模なシステムはほとんどがこの3層アーキテクチャを採用しています。

3層アーキテクチャの解説

ちなみにAWSで実現する場合、以下のようなサービスを利用することが多いです。
WEBサーバ:S3やEC2
APサーバ:EC2やLambda
DBサーバ:DynamoDBやRDSやAurora

オンプレミス

クラウドと対比される用語です。オンプレミスとは自社で保有しているサーバにシステムを構築することです。昔ながらのシステムはオンプレミスがほとんどです。

フロントエンドとバックエンド

簡単に言うと、以下の通りです。
フロントエンド:皆さんのブラウザのHTML(動きを付けるjavascript、デザインを決めているCSSを含む)やスマホで動いているアプリ
バックエンド:アプリやブラウザが通信しているサーバ。
AWSで実現できるのはバックエンドのほうです。
WEBサーバにはフロントエンドの成果物であるHTML(+javascript, CSS)を格納しておきます。クライアント側の要求を受けてクライアントにそれらを配信してあげます。

フロントエンドとバックエンドの説明

フロントエンドとバックエンドの違いについてはこちらでわかりやすく解説されています。

まとめ

試験について

  • AWS SAA(ソリューションアーキテクトアソシエイト)はAWSの設計者向けの認定資格である。AWS認定資格の中では一番メジャーである。
  • 試験バージョンは2024年5月現在、SAA-C03である。旧試験の情報に注意する。
  • 出題範囲は幅広い。AWSサービス全体を把握したうえでのシステム設計の知見を問われる。
  • 試験は随時自分のタイミングで受験可能。全国のピアソンテストセンターまたはオンラインで受験可能。
  • AWS SAA合格のメリットとして、高収入や転職に有利という点がある。AWSの資格取得がキャリアアップにつながる。

勉強方法について

合格にはAWSの全体像の理解、個々のサービスの掘り下げ、SAAの問題演習の3つのステップが重要です!

  • AWSの全体をつかむ
  • 個々のサービスを掘り下げて勉強する
  • 練習問題を解いてみる

それぞれのステップで利用可能なおすすめの教材をまとめます。

教材/レビュー 特徴 価格
Udemy動画教材
STEP1 全体学習におすすめ
STEP3 問題演習も兼ねられる
【SAA】これだけでOK! AWS 認定ソリューションアーキテクト – アソシエイト試験突破講座 icon
勉強初期の全体学習に最適
図解豊富で初心者にもわかりやすい
40時間超の丁寧な解説(初心者でもじっくり学べる)
試験範囲の網羅的な解説
練習問題3回分(195問)付き
ハンズオンで実践的な学習が可能
定価:8,800円
(セール時参考価格:2,000円)
AWS公式資料
STEP2 部分詳細学習におすすめ
ブラックベルトオンラインセミナー
AWS公式の各サービスの紹介動画やPDF
各サービスの詳細を説明
図解やアーキテクチャ図が投影されるので理解しやすい
初心者はどの資料から見ればよいかわかりずらい
AWS全体像をある程度把握しておかないと理解しにくい(木を見て森を見ず)
無料
Udemy模試(ベストセラー)
STEP3 問題演習におすすめ
【SAA-C03版】AWS 認定ソリューションアーキテクト アソシエイト模擬試験問題集(6回分390問) icon
icon icon動画教材と同じ作者が作成したWEB問題集です。ベストセラーです。難易度は高めで作成されています。
STEP1の動画教材と相性が良い(知識を補完できる)
解答と丁寧な解説が付属している
本番試験に似せて作成されている
定価:7,600円
(セール時参考価格:2,000円)
Udemy模試(新発売最高評価)
STEP3 問題演習におすすめ
【SAA-C03対応】AWS認定 ソリューションアーキテクト アソシエイト 模擬問題集+詳解 icon
新発売された最高評価を獲得したWEB問題集です。680問と問題数が豊富で安価です。
本番試験で出題されやすい問題が収録されている
丁寧な解説が付属している
問題の精度が高い(本番試験とよく似ている)
定価:2,600円
(セール時参考価格:2,000円)
参考書1
(黒本)WEB教材と併用したい方にお勧め
(模擬問題付き)徹底攻略 AWS認定 ソリューションアーキテクト − アソシエイト教科書
新試験C03に対応した参考書です。IT資格取得定番の黒本です。参考書1と2は好みでどちらかを選べばよいと思います。
試験範囲の網羅的な解説
各項目に練習問題付属(知識の定着)
模擬問題1回分ダウンロード付き(65問)
書籍のため、WEB教材に比べて情報鮮度は古い
2,860円程度
参考書2
(オレンジ本)WEB教材と併用したい方にお勧め
AWS認定資格試験テキスト AWS認定ソリューションアーキテクト – アソシエイト
新試験C03に対応した参考書です。筆者は上位資格(SAP)で使用しましたが、わかりやすい良書だと感じました。
試験範囲の網羅的な解説
各項目に練習問題付属(知識の定着)
模擬問題1回分ダウンロード付き(65問)
書籍のため、WEB教材に比べて情報鮮度は古い
2,860円程度
教材一覧

以上です。この記事を見ていただいた方がAWS SAA ソリューションアーキテクトアソシエイトの試験に合格できると嬉しく思います。

IT資格の人気オンラインコース

PR
当ブログはWordPressテーマSWELLを使用しています。非常に使いやすく、簡単にプロのようなデザインを使えるのでお勧めです!!

SWELL – シンプル美と機能性両立を両立させた、圧巻のWordPressテーマ

ランキング

ランキングに参加しています。クリックして応援いただけると嬉しいです。
にほんブログ村 IT技術ブログ クラウドコンピューティングへ
にほんブログ村
AWSランキング
AWSランキング

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次