【GCP PDE】Professional Data Engineer勉強方法と教材を紹介

【GCP PDE】 Professional Data Engineer 勉強方法と教材を紹介アイキャッチ

当ブログにはPRを含みます。

Googleが提供するクラウドサービス「Google Cloud Platform(GCP)」に上級資格として「Professional Data Engineer(PDE)」があります。合格するためのおすすめ勉強方法を紹介いたします。

Professional Data Engineer(PDE)は上級資格のため、GCP未経験者がいきなり取得を目指すと挫折する場合もあるかと思います。

まずは下位資格のAssociate Cloud Engineer(ACE)やCloud Digital Leader(CDL)の取得から目指してみるのもよいかと思います。

中級資格:Associate Cloud Engineer(ACE)

入門資格:Cloud Digital Leader(CDL)

目次

Professional Data Engineer(PDE)の概要

Googleが提供するクラウドサービス「GCP」の認定試験です。GCPはAWSやAzureと並んで使用されるクラウドです。

GCPには複数の認定資格がありますが、Professional Data Engineer(PDE)は一番上級の資格です。

GCP資格体系とProfessional Data Engineer(PDE)の位置づけ

GCP資格体系とPDEの位置付け

GCP資格にはFoundational(初級)レベル、Associate(中級)レベル、Professional(上級)レベルがあります。

Professional Data Engineer(PDE)はProfessional(上級)に当たる試験です。試験範囲はデータ分析や機械学習です。ビッグクエリーや各種AIサービスが中心に出題されます。

Professionalレベルは他にネットワークやセキュリティ等の分野の資格があります。

Professional Data Engineer は、データを収集、変換、公開することで、ほかのユーザーにとってデータを有効で価値のあるものにします。ビジネス要件と規制要件を満たすために、プロダクトやサービスを評価し、選択します。Professional Data Engineer は、堅牢なデータ処理システムを作成して管理します。これには、データ処理ワークロードを設計、構築、デプロイ、モニタリング、維持、保護する能力が含まれます。

https://cloud.google.com/learn/certification/data-engineer?hl=ja

Professional Data Engineer(PDE)出題範囲

試験範囲は以下となっています。※詳細な試験範囲は公式試験ガイドをご覧ください。

PDE試験範囲
  • セクション 1: データ処理システムの設計 (試験の約22%)
  • セクション 2: データの取り込みと処理 (試験の約25%)
  • セクション 3: データの保存 (試験の約20%)
  • セクション 4: 分析用データの準備と使用 (試験の約15%)
  • セクション 5: データ ワークロードの管理と自動化 (試験の約18%)

難易度

GCPの難関レベルの試験です。

しかしAWSのSAP(ソリューションアーキテクトプロフェッショナル)と比較すると問題文と選択肢の文章量が少なく、解きやすいように感じました。

上級資格だからと言ってそこまで身構える必要はないように思います。他のメジャー資格と比較すると、応用情報技術者試験やAzureのAZ-305(Azure Solutions Architect Expert)あたりと同程度の難易度だと感じました。

結論:上級資格だが、AWSのソリューションアーキテクトプロフェッショナルほどではない

難易度の目安

Google社が難易度の目安を提示してくれています。(以下の経験がないと受験資格がないというわけではありません。)
初級:前提無し
中級:6ヶ月以上の実務経験
上級:3年以上の実務経験

以下、Professional Data Engineer(PDE)のサンプル問題です。正解を確認する場合▼を押下してください。

あなたは、単一のテーブルで繰り返し実行されるクエリについて、BigQuery の最適化に取り組んでいます。クエリされるデータは約 1 GB で、一部の行は 1 時間に約 10 回変更されることが予想されます。SQL ステートメントは可能な限りの最適化が済んでおり、クエリのパフォーマンスをさらに最適化したいと考えています。どうすればよいですか。

A. テーブルに基づくマテリアライズド ビューを作成して、そのビューをクエリします。
B. クエリデータのキャッシュ保存を有効にして、後続のクエリを高速化します。
C. スケジュール設定済みクエリを作成して、レポート作成の数分前にそのクエリを実行します。
D. 多数のスロットを事前に予約して、クエリの実行のためのコンピューティング能力を最大化します。

正解:A

マテリアライズド ビューは、パフォーマンスを向上させるためにクエリの結果を定期的にキャッシュ保存します。マテリアライズド ビューは、頻繁にクエリされる小さなデータセットに適しています。基盤となるテーブルデータが変更されると、影響を受ける部分をマテリアライズド ビューが無効化して再度読み込みます。
B: 選択肢 B は不正解です。キャッシュ保存は自動的に有効化されますが、基盤となるデータが変更されるとパフォーマンスを発揮できません。
C: 選択肢 C は不正解です。スケジュール設定済みクエリにより定期的なクエリをスケジュールできますが、パフォーマンスは特に最適化されません。また、クエリを早く実行しすぎると古いデータが使用される場合があります。
D: 選択肢 D は不正解です。多くのスロットを予約すると、BigQuery スロットの可用性は確保されますがパフォーマンスは向上しません。

https://cloud.google.com/bigquery/docs/materialized-views-intro

https://cloud.google.com/bigquery/docs/materialized-views-best-practices

https://cloud.google.com/bigquery/docs/materialized-views

Professional Data Engineer(PDE)試験概要

資格名 Professional Data Engineer
試験時間 120分
出題形式 選択問題
問題数 50~60問
合格ライン 非公開(7.5割程度?)
結果通知に点数記載なし
試験日 随時
試験場所 遠隔監視オンライン試験
または
テストセンター
受験料 $200
合格発表 翌日までにメール
有効期限 2年
再認定試験は、認定資格が有効期限切れになる 60 日前から受験可能
受験要件 なし
(推奨要件に業界経験が 3 年以上とあるが必須ではない)

Professional Data Engineer(PDE)取得のメリット

Professional Data Engineer(PDE)はアメリカの稼げるIT資格ランキング第2位にもランクインしたことがある資格です。取得することで様々なメリットがあります。

稼げるIT資格ランキング2位がGCP-PCA

将来性があるGCPについて学べる

総務省の統計では2021年時点によると、クラウドを利用している日本企業は全体の70%以上です。GCPはそのクラウドの一角なので非常に将来性があります。

GCPは日本国内だけでなく、世界中で利用されているクラウドプラットフォームなので、幅広い範囲で活用できます。

総務省の統計(日本のクラウド利用企業の推移)

転職や就職に有利

企業の70%以上が使用しているクラウド技術ですが、圧倒的に技術者が不足しています。

GCPの資格を持っておくとクラウド人材である証明ができるので、転職や就職に非常に有利になります。特にProfessional Data Engineer(PDE)は上級資格なので専門性をアピールできます。

収入UPにつながる

米国ではProfessional Data Engineer(PDE)保有者の平均年収は2,500万円超です。日本では2,500万円ま難しくとも、年収アップを目指せます。

また、GCPを含むクラウドエンジニアはフリーランスになりやすい職種でもあるため、自己研鑽次第でさらなる収入アップを目指すことができます。(フリーランスは税制面でもかなり有利!)

Professional Data Engineer(PDE)勉強方法と教材

無料で使えるGCP公式模擬問題やUdemy教材がおすすめです。

Udemyの教材がおすすめな理由
  • 30日以内であれば返金可能(気軽に始められる
  • 教材購入後もコンテンツがアップデートされる(頻繁にアップデートされるクラウド学習に最適
  • 不明点を講師に質問可能
  • スマホでも視聴可能(隙間時間の活用
  • 月に数回(2~3回)実施するセールでは数万円のコースも2,000円程度に割引される(安価!

価格は執筆当時です。変更される可能性があります。

教材 特徴 価格
GCP PDE公式模擬試験 30問の公式無料練習問題
全問正解できるまで繰り返すことをおすすめします。
本番試験のレベル感を知ることができる
無料
Udemy動画教材
Google Cloud認定 Professional Data Engineer(PDE) トレーニング icon
初心者にもわかりやすく解説してくれる動画教材です。
親切な解説(6時間)で網羅的に学べる
練習問題100問以上付属
図表中心の説明なので理解しやすい
各セクションに実践問題が付属しており知識の定着に役立つ
定価:6,200円
セール時参考価格:1,600円
UdemyWEB問題集
Google Cloud 認定資格 Professional Data Engineer 問題集 icon
模擬問題(190問)
最新の内容に対応している
解答と丁寧な解説が付属している
定価:2,600円
セール時参考価格:1,600円

GCP公式模擬試験

無料の練習用模擬試験を利用できます。全30問で何度も受験することができます。初めに力試しに解いて、その後全問正解できるまで繰り返すことをおすすめします。

問題数は少ないですが公式が出しているだけあって、難易度や出題形式は本番試験ほぼそのままです。まずは解いてみて出題形式と難易度の把握に利用するのが良いと思います。

筆者は間違えた問題は公式ドキュメントを確認したり、後述のUdemy動画を見返して不明点を徹底的につぶしました。

この模擬試験を受験するにはGoogleアカウントが必要です。Googleアカウントでログイン後、氏名や所属会社についてのアンケートに回答すると受験可能となります。

無勉強かつ未経験ではほぼ正解することはできないかと思うので、後に紹介するUdemy動画教材を受講してから模擬試験を受験するのもよいと思います。

Udemy動画教材

UdemyにProfessional Data Engineer(PDE)の試験範囲をわかりやすく体系的に説明してくれる動画教材があります。

Professional Data Engineer(PDE)の全ての範囲を網羅している動画教材です。

本講座はGoogle Cloud(GCP)の主要サービスを理解できる上にProfessional Data Engineer(PDE)試験に合格できる構成になっています。

Professional Data Engineer(PDE)動画教材の内容説明(サンプル)
講座の内容
  • 図表を多用した視覚的な説明
  • 試験範囲の網羅的かつ体系的な解説
  • 100問以上の模擬問題
  • 各セクションに実践問題付属

↓講座のリンクです。リンク先で15分程度のプレビューを無料視聴可能なのでぜひ確認してみてください。(定価:6,200円 セール時参考価格1,600円程度

Google Cloud認定 Professional Data Engineer(PDE) トレーニング icon

GCP_PDE_動画教材詳細

UdemyWEB問題集

出題形式に慣れておくためにも繰り返し模擬問題を解いておくことがおすすめです。WEB問題集で安定して80%以上の正答率を出せるようになれば本番試験の受験を考えてもよいかと思います。

Udemyで日本語のWEB問題集が発売されており、おすすめです。

本WEB問題集の特徴
  • 最新の内容に対応している
  • 解答と丁寧な解説が付属している
  • 安い(定価でも2,600円)

190問で定価2,600円です。セール時には1,600円程度になることがあります。

AI-900: Microsoft Azure AI Fundamentals 模擬問題集 icon

AI-900WEB問題詳細

まとめ

試験について

  • Professional Data Engineer(PDE)はGoogle Cloud(GCP)の認定資格試験の一つでデータ分析や機械学習が出題範囲である。ビッグクエリーや各種AIサービスが中心に出題される。
  • 上級資格であり、それなりに難しい。

勉強方法と教材

GCP公式模擬問題やUdemy教材を組み合わせると効果的です。

教材 特徴 価格
GCP PDE公式模擬試験 30問の公式無料練習問題
全問正解できるまで繰り返すことをおすすめします。
本番試験のレベル感を知ることができる
無料
Udemy動画教材
Google Cloud認定 Professional Data Engineer(PDE) トレーニング icon
初心者にもわかりやすく解説してくれる動画教材です。
親切な解説(6時間)で網羅的に学べる
練習問題100問以上付属
図表中心の説明なので理解しやすい
各セクションに実践問題が付属しており知識の定着に役立つ
定価:6,200円
セール時参考価格:1,600円
UdemyWEB問題集
Google Cloud 認定資格 Professional Data Engineer 問題集 icon
模擬問題(190問)
最新の内容に対応している
解答と丁寧な解説が付属している
定価:2,600円
セール時参考価格:1,600円

AWSやAzureなどのクラウドエンジニアの仕事に興味がある方は以下の記事で具体的な転職方法を紹介しています。
興味がある方はぜひご覧ください。

以上です。最後までお読みいただきありがとうございました!

ランキング

ランキングに参加しています。クリックして応援いただけると嬉しいです。
にほんブログ村 IT技術ブログ クラウドコンピューティングへ
にほんブログ村
AWSランキング
AWSランキング

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次